「楽天カード ポイントで支払いサービス」を利用してみた感想

2019年5月時点で会員数が1700万人を突破しているという、楽天カード。
私も会員の1人です。
このブログを読んでくださっている方の中にも、「楽天カード、持ってるよ!」という方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

このカード、利用金額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントがためられるというのがうれしいところなんですよね。
でもたまったはいいけれど、ポイントの使い道に迷う、なんてことはありませんか?
もちろんポイントの使えるお店やサービスは増えているのですが、私は最近ポイントを使う機会がなかなかないんですよね(^^;

さて、そんな私たちに朗報!
「楽天カード ポイントで支払いサービス」が始まっているという情報をゲットしたんです。
早速そのサービスを利用してみたので、記事にしようと思います。
そして全盲の私のクレジットカード事情についても少し紹介します。

全盲の私のクレジットカード事情

私が楽天カードを使い始めたのは、大学生のときのこと。
フィンランドに行くことになり、クレジットカードがあったほうがいいということで、楽天カードをつくったんです。

クレジットカード、とっても便利なんですよね。
買い物するとき、現金を用意する手間がなくて助かるんです。ポイントもたまってお得だしね。
楽天カードをつくったのは大正解でした。

でも、私にはちょっと困ることが。
クレジットカードを使うときは、サインをしなければならない場合が多いんですよね。
サイン、できないわけではないけれど、きれいには書けないのでなるべく避けたい。

ちなみに私、サインはどうしているかというと、カタカナで書いています。
普段点字を使用している私は普通の文字はほとんど書けませんが、カタカナなら書けるんですよね。
子どもの頃、姉に手紙を書こうと思って覚えたんです。
それがこんなところで役立つとは。覚えておいてよかった。
でもやっぱり私の下手なカタカナなんて封印しておきたい。。。

そんなこともあり、最近は電子マネーが使えるときは電子マネーで支払うようにしているので、恥ずかしいカタカナを披露することはほぼなくなっています。サインする手間がないって本当にいいですね♪

それで、楽天カードを使うことは少なくなってきたわけですが、今も活躍中ではあります。
ネットで買い物したり、有料サービスを利用したりするときには、やっぱりカードが便利なんですよね。
毎月カードを利用していて、少しずつですがポイントもたまっています。

「楽天カード ポイントで支払いサービス」を利用してみた

2018年9月から、楽天カードの利用代金をポイントで支払うことができるようになりました!
これは私にとってすごくうれしいニュース。
このところ、ポイントを利用する機会があんまりなかったんですよね。
せっかくたまってるのに有効な使い道が見つからないので、どうしたものかなあと思っていたんです。

そんなわけで、これまでコツコツためてきたポイントを使って、カードの利用代金を支払ってみることにしましたよ♪

サービス概要

利用受付期間は、支払い金額確定後の毎月12日頃~20日22時(一部の金融機関を利用している場合は15日22時まで)となっています。
利用できるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは対象外です。
1ヶ月に利用できる回数は毎月5回まで。
1回の手続きで利用できるポイント数は、ダイヤモンド会員は50~500,000ポイント、ダイヤモンド会員以外は50~30,000ポイント。
1ヶ月に利用できるポイントの上限は、他の楽天グループでの利用分も含めて、ダイヤモンド会員は500,000ポイントまで、ダイヤモンド会員以外は100,000ポイントまでとなっています。

手続きは簡単

今回の私の支払い金額は、764円でした。
大きな買い物のない月だったので少な目になっています。
ラジコプレミアムとスマホ料金でこの金額です。
(スマホ料金は、キャンペーン価格で安くなってるんです)

ポイントで支払う手続きは、楽天e-NAVIのトップページから簡単に行えます。
私の保有ポイント数を確認すると、664ポイントでした。ドドンと全部使っちゃいます。
利用するポイント数を入力すれば、手続きは完了です。
手続き後、使ったポイントはリアルタイムで反映されていました。
私の今月の支払金額、100円になりましたよー!イェーイ♪♪

まとめ

ポイントの使い道を気にしなくていいというのは本当にありがたいなと思います。
楽天カード、さらに魅力的になっていますね♪

コメント

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました