ウナギっぽい練り製品「うな次郎」で土用の丑の日気分♪

うな次郎パッケージ グルメ

    今年の土用の丑の日は7月27日でしたね。
    わが家でも、せっかくだからウナギ食べたいなあなんて話していました。でも今回はやめておきましたよ。
    やっぱりウナギって高いですよねー(TT)   

    だけど、1日過ぎてからウナギっぽいものを食べたんですよ。   

うな次郎でウナギ気分

    ウナギっぽいものっていろんなものが売られているようですが、今回私がウナギの代わりにいただいたのは、一正蒲鉾の「うな次郎」。
    一正蒲鉾といえば、スティックタイプのカニカマ「オホーツク」を開発した会社です。
    ウナギが絶滅の危機に瀕していることを受け、ウナギの代わりになるような商品がつくれないかということで、カニカマの成形や蒸しの技術を活かして開発されたのがうな次郎だったんですね。   

    実はこれ、わが家ではよく購入して食べているんです。結構気に入ってるんですよね。
    2枚入りで300円くらいだし、手軽だし、お昼ご飯にちょうどいい。
    1枚食べれば1日に必要なビタミンB1が接種できるのだそう。    

うな次郎パッケージ

    見た目も味もウナギのかば焼きにそっくり。
    何でできているのかなあと思って調べてみると、魚のすり身なんだそうです。
    皮まですり身で再現されているんですよね。この皮の部分が私は好きです。
    レンジで温めてご飯に載せて、付属のたれと山椒をかけたらうな丼の出来上がりー♪
うな次郎丼、略してうな丼です。   

うな次郎丼

いただきまーす

    うーん、やっぱりウナギだ。
    ウナギと間違えるくらい…
    というわけではないけれど、ほぼウナギですよこれは。
    たれと山椒がまた、うな丼気分を盛り上げてくれます。   

    でも本物のウナギに比べるとあっさりしているので、ウナギが食べたいと思ってこれを食べたら物足りないかもしれません。
    まあ私はこれぐらいがちょうどいいかなという気もしますが。
    本物のウナギもたまには食べたいけど、これはこれでおいしいですね。   

まとめ

    土用の丑の日に限らず、これからもわが家ではうな次郎が活躍しそうです。   

    ネットで調べてみると、うな次郎を使ったアレンジレシピもいろいろあるようですね。
    ちらし寿司とか、和風ピザとか。
    なるほど、そういう楽しみ方もいいかも♪

コメント

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました