鱧ってどんな魚?おいしいの?旬はいつ?

湯引き鱧 グルメ

私の夫、鱧が大好きなんです。
私にとっては関西に来るまであまりなじみのない魚だったのですが、今では私も大好き。
鱧の季節になると、よく京都に鱧を食べに行きます。

そんな鱧をお家でも食べたい!ということで、初めてスーパーで湯引き鱧を買いました。
そんなわけで今回は鱧のお話です。

鱧ってどんな魚?

鱧は、ウナギ目ハモ科の海水魚。形はウナギに似ています。
全長は1mくらいのものが多いようですが、大きいものだと2mを超えるのだとか。
鋭い歯を持っていて、イカやエビなどを食べる肉食魚。
よく噛みつくことから、「食む(はむ)」がへんかして「鱧(ハモ)」と呼ばれるようになったといわれています。
鱧さん、私みたいに食い意地が張ってるんですね(笑)

鱧は、強い生命力を持つ魚。
まだ輸送手段・冷蔵手段の発達していなかった頃、淡路島近海から京都まで一昼夜かけて運ばれても、鱧は生きていたといいます。
海底で暮らす鱧は筋肉や背骨が強くて、水揚げされても皮膚呼吸だけで少なくとも24時間生きられるのだとか。

鱧の食べ方は?

そんな強い鱧さんには、長くて硬い小骨がたくさんあります。
食べるためには、骨切りという下処理が必要になります。
皮に一番近い部分にも骨が通っていて、骨切りはとっても難しく、熟練の技術が必要なのだそうです。

骨切りした鱧を熱湯に通すと、白い花のように開きます。これが「湯引き鱧」です。それを氷水に落として冷やすことから、「落とし」とも呼ばれます。
このほかにも、天ぷらやかば焼きなどいろんな食べ方がありますが、どれもおいしいですよ♪
よく噛みつく獰猛な鱧さんですが、その味は繊細で、上品な京料理には欠かせないんですよねー。

鱧の旬は初夏と晩秋

鱧の旬の時期は2回やってくるそうです。
まず、6月~7月。産卵に備えて栄養を蓄えている時期です。
この時期の鱧は、あっさり味で夏にぴったり♪

そして8月に産卵期を迎えた後、2回目の旬がやってきます。10月~11月です。
産卵後の鱧は食欲旺盛で、脂がのっています。味が濃厚になるんですね♪

スーパーで買った湯引き鱧のお味は?

スーパーで湯引き鱧を発見しました。
おいしかったらいいなあと思いつつ、購入したのがこちらです。

湯引き鱧

辛子酢味噌と梅肉が付いていました。
それをかけて、いただいてみると…
うーん、これはどうかなあ。。
何かちょっと生臭いような…。小骨も少し残っているものがあるし…。。身がプリプリしてないし。。
お店でいただいたおいしい鱧が恋しくなりました。

まとめ

鱧は、東日本などではあまりなじみのない魚だと思いますが、機会があればぜひそのおいしさに触れてみてください。
鱧はおいしくないという声もあるようですが、もしかしたらそれはおいしい鱧に出会えていないからかもしれません。

最後に、おいしい鱧がいただけるお気に入りのお店を紹介します。
このブログでも取り上げたことのある、「町衆料理 京もん」という京都のお店です。
鱧落としも鱧の天ぷらも最高なんです(^-^)

お店の情報についてはこちらの記事をご覧ください。
三条駅近くのおいしい京料理のお店「町衆料理 京もん」に行ってきた

コメント

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました