iPhoneで絵文字やLINEスタンプはどんなふうに読み上げられるの?

この前ヘルパーさんと話していたときのこと。
「この絵文字はどんなふうに読み上げられるの?」と聞かれました。
その絵文字というのは、びっくりマークなんだけどハートになっているというもの。
かわいいから、強調する意味はなくてもよく使うのだと、そのヘルパーさんはおっしゃっていました。

iPhoneの読み上げ機能は、その絵文字を「感嘆符になっている赤いハート」と説明してくれます。
本当に絵文字っていろいろあるけど、読み上げ機能はそれを丁寧に教えてくれるんですね。

ということで今回は、iPhoneの読み上げ機能でいろんな絵文字やLINEスタンプがどんなふうに読み上げられるのか、という話をしてみようと思います。

絵文字はどんなふうに読み上げられるの?

LINEなどでやりとりするとき、私もよく絵文字を使います。
例えば笑顔の絵文字など結構使うのですが、それだけでもいろいろありますよねー。
読み上げ機能では、「笑顔 目を細めている」とか、「笑っている顔 目を細めている」とか教えてくれます。
この2つの違いはよくわかりません(^^;

でもこの「笑っている顔」というのは、以前は「にんまり顔」と読み上げられていたんですよね。
「にんまり」って何か印象悪いからちょっと使いづらかったんです。
読み方が変わってよかったなと思うけど、もしかしてやっぱり「にんまり」な顔になってるのかな?

ほかにも笑顔には、「天使の輪がかかっている笑顔」とか「ハグしようとしている笑顔」とかありますね。
なかなか使いこなせないけど。

ほかの絵文字としては、おもしろいところでは「紙吹雪の中でパーティーハットをかぶってピロピロ笛を加えたパーティーフェイス」とかあるけど…
どんなときに使うかなあ。

人の表情というのは正直私にはあんまり想像つかないけど、こうして絵文字を見ていると、表情が与える影響って大きいんだなという感じがしますね。

LINEスタンプはどんなふうに読み上げられるの?

LINEのスタンプは、残念ながら「スタンプ」としか読まないみたいなんですよねー(TT)
私から送ることも難しいようです。

でも喋るスタンプなら私も楽しめます。
受け取ることも送ることもできました。

試しにちびまる子ちゃんの喋るスタンプを購入してみたのですが、これがなかなかおもしろいんですよね。
まるちゃんだけじゃなくて、おじいちゃんとかヒデじいとか、いろんなキャラクターのスタンプが24種類。その中から好きなものを選んで送るのですが、スタンプの音声を一つ一つ確認しながら選んで送れるから、私一人でも大丈夫というわけですね。

調子に乗って、吉本新喜劇の喋るスタンプも購入してしまいました。
新喜劇好きの友達に送ったら喜んでもらえるかなあと思って。
でもねー、おもしろいんだけど…
どういう場面で使えばいいのかわからない(^^;

まとめ

今回は、絵文字やLINEスタンプのiPhoneでの読み上げについてお話ししました。
これからまた状況は変わるかもしれませんが、今のところこんな感じです。

コメント

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました